悪徳業者とのトラブルを回避せよ! ~浮気調査で探偵・興信所を見極めるポイントとは~ | 妻の浮気が発覚!はじめての浮気調査 - 浮気調査興信所(探偵事務所)
妻の浮気が気になったら、、確認するポイント。興信所・探偵事務所への選び方、依頼の方法、契約の流れ、費用の概要と考え方、悪徳会社の見分け方
妻の浮気が気になったら、、確認するポイント。興信所・探偵事務所への選び方、依頼の方法、契約の流れ、費用の概要と考え方、悪徳会社の見分け方
妻の浮気が気になったら、、確認するポイント。興信所・探偵事務所への選び方、依頼の方法、契約の流れ、費用の概要と考え方、悪徳会社の見分け方
妻の浮気が気になったら、、確認するポイント。興信所・探偵事務所への選び方、依頼の方法、契約の流れ、費用の概要と考え方、悪徳会社の見分け方
Slider

悪徳業者とのトラブルを回避せよ!~浮気調査で探偵・興信所を見極めるポイントとは~

“悪徳業者とのトラブルを回避せよ!” はロックされています。 悪徳業者とのトラブルを回避せよ!

悪徳業者に引っかからないためのポイントはたくさんあります。
ホームぺージ上でチェックできるものもあれば、相談の段階でわかることもあります。
悪徳業者のトラブル実例はほとんどが料金トラブルによるものです。
探偵業法にのっとった優良事務所を見極める必要があるのでチェックしておきましょう。
探偵業法は依頼者のために制定された法律と言っても過言ではありません。
法にのっとりコンプライアンスを守った探偵事務所を選ぶことがポイントです。

『ホームぺージでチェック!~探偵業法その①』

妻の浮気が発覚!はじめての浮気調査
探偵事務所興信所とトラブルになるケースの多くは、調査の成果がない(成果とはいえない情報)に対して高額な料金が発生することです。
浮気調査をするといって、・夫の行動を追跡して消極的な調査をしながら「今日は不倫相手とは会わないようです。」と報告。
浮気はしていない」という事実をその日の調査の結果として、調査員が稼働した事実から費用を請求するというものです。

これらは探偵事務所の名を語った悪徳業者であり、その名前から探偵=悪徳業者がいるというイメージになってしまいました。
この理由として、探偵事務所・興信所は開業するにあたり、資格や免許を必要とせず、書類を揃えれて探偵の屋号を名乗れば仕事として成立するという背景がありました。

しかし、国民生活保護センターに苦情が殺到したことから探偵業法が成立。
悪徳業者を排除し探偵事務所の実態を把握してトラブルをなくすとともに、依頼者が正当なサービスを受けることができるようになりました。
こうした悪徳業者は現在はほとんどなくなっていますが、今だ業務停止命令を受ける探偵事務所があることも事実です。

これは探偵業法を熟知せず、収益のために適正さを欠いた状態で運営している探偵事務所・興信所があるためです。
探偵業法は探偵の仕事の幅を広げたり収益を上げるために制定されたものではなく、あくまで依頼者が料金に見合った適性なサービスを受けることを目的に制定されたものです。

依頼者は探偵事務所・興信所を利用する際、探偵業法に目を向けてホームぺージなどでチェックしてみるとよいでしょう。

『公安委員会の届出番号をチェック!~探偵業法その②』

探偵業法にのっとって適性な運営をすることは探偵事務所にとって当然ながら必要なこと。
その適性さを表す基本中の基本として、公安委員会に届出を行って運営しているかどうかがあります。

届出をしなければ開業はできませんから、ホームぺ―ジなどで番号が記載されているかを見ておきましょう。
依頼者が悪徳業者に騙されないための必須ポイントになるので、きちんと確認する必要があります。

『相談のときの説明をチェック!~探偵業法その③』

妻の浮気が発覚!はじめての浮気調査
探偵事務所と依頼者のあいだでトラブルになるのが料金です。
探偵業法では調査にかかる予算の概算を依頼者に説明することが義務づけられているため、相談の段階でこの説明があるかどうかをチェックしておきましょう。
悪徳業者は最初はきちんと調査をしていることをアピールし、次第に「成果を出すため」と偽って調査の回数を重ねて高額な料金を請求します。

これを防ぐためにも、無料相談で調査員と対面することはゼッタイ必要なことです。
きちんと相手が調査プランを説明するか、料金の概算を出し、見積もりを出してくれるかをチェックしましょう。
また、契約書を交わす際も料金が記載された書面を交付することが義務づけられています。

こういった探偵業法にのっとった手続きがなされているかを確認し、調査を依頼すべきです。

『決して焦らない!騙されない!』

妻の浮気が発覚!はじめての浮気調査
浮気調査を依頼しようか迷っている方のほとんどが、早く証拠をつかんで相手に突き付けたい!証拠をとって離婚したい!という気持ちでいるでしょう。
もう夫婦を続けることが精神的に限界という人は、証拠をつかむことに焦って冷静な判断を欠いてしまうことが多くあります。

その心理状態でホームぺージを検索し、極端に安い料金の探偵事務所に依頼してトラブルになるというケースがあるのです。
とりあえずどこでもいいから調査してもらおう!という気持ちを抑え、冷静に探偵事務所・興信所とコンタクトをとって選びましょう。

『大手は安心でもネット情報には惑わされない!』

ネット検索で上位にヒットする大手であればトラブルになることはないでしょう。
実績も信頼もあり、依頼者からのニーズに応えてきた結果として収益があがっているわけですから、任せて安心といえます。
ただ、依頼者にも条件があるので、大手であればどこでもよいというわけではありません。

遠方から出張してくる調査員なら費用はかかるでしょう。
当然、ホームぺージに記載の料金とは違ってくることもあるので、確認が必要です。

大手でも「最初のときと料金が違う!」などの口コミは、条件の違いによるものでしょう。
トラブルではありませんが、大手でもネット情報を鵜呑みにせず、確認して相談・依頼することが大切です。

『最終確認は相談のとき!』

探偵事務所との料金トラブルを避けるためには、最終的に無料相談で確認することです。
面談した際に調査の説明、料金の説明が「具体的かつ丁寧か」。

調査に関する報告書のサンプルや映像、写真を見せてもらうことで、その探偵事務所の「仕事の精度」がわかります。
これらを総合して、冷静に判断すれば悪徳業者にダマされることはないでしょう。

不安であれば相談のとき信頼できる友人・知人に同席してもらうのも方法の1つです。

悪徳業者に引っかからないためのポイントはたくさんあります。ホームぺージ上でチェックできるものもあれば、相談の段階でわかることもあります。悪徳業者のトラブル実例はほとんどが料金トラブルによるものです。探偵業法にのっとった優良事務所を見極める必要があるのでチェックしておきましょう。探偵業法は依頼者のために制定された法律と言っても過言ではありません。法にのっとりコンプライアンスを守った探偵事務所を選ぶことがポイントです。