探偵に浮気調査の相談をしてみよう! ~無料相談で伝えるポイントとは~ | 妻の浮気が発覚!はじめての浮気調査 - 浮気調査興信所(探偵事務所)
妻の浮気が気になったら、、確認するポイント。興信所・探偵事務所への選び方、依頼の方法、契約の流れ、費用の概要と考え方、悪徳会社の見分け方
妻の浮気が気になったら、、確認するポイント。興信所・探偵事務所への選び方、依頼の方法、契約の流れ、費用の概要と考え方、悪徳会社の見分け方
妻の浮気が気になったら、、確認するポイント。興信所・探偵事務所への選び方、依頼の方法、契約の流れ、費用の概要と考え方、悪徳会社の見分け方
妻の浮気が気になったら、、確認するポイント。興信所・探偵事務所への選び方、依頼の方法、契約の流れ、費用の概要と考え方、悪徳会社の見分け方
Slider

探偵に浮気調査の相談をしてみよう!~無料相談で伝えるポイントとは~

探偵に浮気調査の相談をしてみよう!

探偵事務所に相談するときはどんな情報を持っているかきちんと伝えましょう。
無料相談は探偵事務所にとっても、依頼者にとってもその後の展開を決める重要な場です。
そこで伝えることにもポイントがあるので、しっかりチェックし浮気調査の早期解決を目指しましょう。
相談で調査員の印象を確かめることも大切で、依頼のあとも繋がりを持てる人物かどうか見ておくことです。

『持っている情報をすべて伝え浮気調査を有利に進めましょう!』

妻の浮気が発覚!はじめての浮気調査
探偵・興信所調査員とコンタクトをとって、実際に依頼を前提に相談をする場合はどんなことを伝えればよいでしょうか?
まずは、依頼者自身が持っている以下のような情報をすべて調査員に提示することがポイントです。

、夫の不倫相手とのメールや通話履歴
、夫の勤務先の住所地や普段使っている車
、夫が普段行きそうな場所や生活習慣
・妻、夫の顔写真、氏名、住所、電話番号はもちろんSNSなどの利用状況など

ターゲットに関する基本情報はもちろんですが、重要なキーポイントは不倫相手と接触しているときの情報です。
スケジュールやメールに「○月○日にどこで会う」など、有力な情報は解決の決め手になります。
情報が多ければ探偵は調査をしやすく、有力な情報であればその1つだけで浮気の証拠を掴めることもあります。

ただ、こういった情報や手がかりがない場合は、相談した際に「どんな情報があれば調査がしやすいか聞いてみる」ことも重要です。
無料相談は契約ではないので、調査員に対して質問し、情報に関するアドバイスを受けることもできるのです。
あえて契約はせずに、有力な情報がとれてから依頼を申し込むという方法もあります。

その方が確実に証拠をとれるとともに、浮気調査にかかる時間も期間も短くなるので料金が安くなるのです。

『相談のときにはゼッタイに料金を確認!』

妻の浮気が発覚!はじめての浮気調査
相談で持っている情報を伝えると、その段階で探偵事務所・興信所は調査のプランを立てます。
同時に、得られた情報で「結果を出すまでにどのくらいの期間・時間がかかるか想定」します。
これはイコールどのくらいの料金がかかるかを判断することでもあるため、相談の段階である程度の料金がわかるのです。

ホームぺージで記載されている料金体系が具体的にわかるのは相談して情報を提示してからなので、必ず確認しておきましょう。
もちろん、情報や手がかりがなければ、とりあえず妻・夫を追跡して調査することになります。

ただ、この場合は不倫相手と会うかどうかも不明であり、証拠がとれなくても料金が発生することになるでしょう。
実際に調査をしたときは、証拠をつかむチャンスがあると判断すれば時間を延長することもあります。

このとき、通常の探偵事務所や興信所では依頼者に連絡をし料金発生の確認をとります。
これがホームぺージ記載の料金と異なる部分であり、ゼッタイ確認しておくポイントです。

中には悪徳業者も実在し、こういった延長に何の連絡もせずに勝手に調査をして料金を請求することがあるのです。
追加料金は一切かからないという記載があれば、こうした延長を含めての料金設定であるかを聞いておきましょう。

料金はトラブルの要因となるので、相談のときは必ず確認するポイントになります。

また、探偵事務所・興信所によっては予算の都合に応じてくれるところもあります。
持っている情報とともに、「○○万円くらいの予算で、低料金でお願いしたい」といえば、それに応じた調査をしてくれるのです。

限られた予算で成果を上げるためには、必要になる重要な手がかりがポイントになります。
1~2回くらいの短時間の調査であれば10万円未満で成果が出ることもあるでしょう。

そのためには、必要な情報をきちっと取ってから依頼することが大切です。

『離婚の意思があるかどうか自分の覚悟は!?』

妻の浮気が発覚!はじめての浮気調査
依頼するときのポイントで重要なことは「自分の決意と覚悟」です。
これは「調査をするとき、どこまでの情報をつかむか」に影響してくるので、腹を決めてかかりましょう。

・不倫相手がいたらすぐ離婚すると決めている場合
浮気の確たる証拠を掴んで離婚条件をつきつける必要があるため、それだけ重要な情報を提供する必要があります。

・離婚までは考えていないが何らかの情報がほしい
不倫相手と思われる異性と接触しているという情報だけ必要で、それを元に妻・夫につきつけて謝罪させる。
デートシーンだけを撮影しても裁判で使える証拠とはなりません。
しかし、相手に認めさせ謝罪させることが目的ならば、その情報をつきつけることで効果があるでしょう。

・裁判までを考えてガッチリとれるものはとる!
裁判で勝つための証拠をとり、離婚の条件(財産や親権、養育費など)を主張してとれるものはとる!という場合。
動かぬ証拠をとるのはもちろんですが、証拠取得がどうしても困難な場合は調査の回数を重ねる必要があります。
デートシーンや2人が接触している情報を積み重ねて、証拠能力を高める必要が出てきます。
1回の調査ですべてとれればOKですが、そうでなければ長期戦を覚悟しましょう。

以上のように、調査した結果で自分がどんなことを決めているかをきちんと伝えれば、調査に必要な情報が変わってきます。
1回で済む場合、数回の調査が必要な場合など。
それによって料金が変わってくるので、自分の目的と決意を伝えておきましょう。

『調査員の印象を見ておきましょう』

妻の浮気が発覚!はじめての浮気調査
相談のときは必ず面談をして実際の探偵事務所・興信所の印象を確かめましょう。
きちんと仕事をするか、料金を正確に伝えてくれるかなど、トラブルに発展しないような優良事務所であることをチェックすべきです。

探偵事務所に相談するときはどんな情報を持っているかきちんと伝えましょう。
無料相談は探偵事務所にとっても、依頼者にとってもその後の展開を決める重要な場です。
そこで伝えることにもポイントがあるので、しっかりチェックし浮気調査の早期解決を目指しましょう。
相談で調査員の印象を確かめることも大切で、依頼のあとも繋がりを持てる人物かどうか見ておくことです。